洋画『グランド・イリュージョン』/一流マジシャン達による義賊的クライムサスペンス

スコア:701/999

グランド・イリュージョン出典:ライオンズゲート
『グランド・イリュージョン』


【あらすじ】

ある日突然届けられた不思議なカードに導かれた4人の一流マジシャン達は、一同に会され、フォー・ホースメンというチームを組む。彼らはそれぞれの得意分野を武器に様々な犯罪的なイリュージョンを起こしていく。


【作品情報】

公開:2013年5月30日(アメリカ)|2013年10月25日/上映時間:116分/ジャンル:サスペンス/サブジャンル:クライムアクション/映倫区分:全年齢/製作国:アメリカ/言語:英語


【スタッフ】

(監督)ルイ・ルテリエ/(脚本)エド・ソロモン,ボアズ・イェーキン,エドワード・リコート/(音楽)ブライアン・タイラー


【キャスト】

ジェシー・アイゼンバーグ/ウディ・ハレルソン/アイラ・フィッシャー/アイラ・フィッシャー/マーク・ラファロ


スポンサーリンク

見放題配信

Prime VideodTVNETFILIXU-NEXT

※情報は【2019年08月28日】現在のものです。上記のボタンをクリックすると各VODの作品ページにジャンプすることが出来ます。詳しくはこちらのページをご確認ください。

ポイントレビュー


■『オーシャンズ11』みたいなノリ

試分 書人
試文 書人
サスペンス担当
ポイント:227/333|評価:GOOD

マジックを使ったクライムサスペンス……もうその設定だけで、面白くなくなるないだろうという作品。

セロやらMrマリックやらがテレビに出てマジックをしているだけでも十分楽しめるのに、さらに映画的なエンターテイメントが加えられるとなれば、つまらなくする方が難しい。

そして、その予想通り、普通におもろい。

ほとんど『オーシャンズ11』みたいなノリの映画だけど、俺はこっちの方が好き。

それにしても、出来るようになりてーなマジック。すんごいモテそう。モテたい。あぁ心底モテたい。

不思議なマジックで女性の恋心に火をつけたい。


■話としては軽いけど意外と真剣に見ちゃう

アクセル神田
アクセル神田
ドラマ担当
ポイント:223/333|評価:GOOD

映像に載せればマジックなんてどうにでもなるわけで、おそらく本作も多少CGなんかを使っているんでしょうけど、そんな細かいことはいいじゃんみたいな感じで見られる映画です。

ドラマチックな展開は全くもって期待できませんが、多少ミステリアスな雰囲気は味わうことが出来ます。

ほぼ完全に娯楽映画です。

ただ、そこにごく少量のスパイスがかかっているので、意外と最後まで真剣に見ちゃいましたね。

たまたま入った喫茶店のナポリタンがそこらのイタ飯屋より、断然うまかったみたいなヤツです。


■家族みんなで楽しんでほしいエンターテイメント作品

近道 通
近道 通
オールジャンル担当
ポイント:251/333|評価:GOOD

特に何の目的もなく何となくVOD作品を探索している時には打ってつけの映画です。

おそらく大体の人は見て損したとは言わないでしょう。

家族揃って仲良く見られます。サスペンス要素も小学校高学年ぐらいなら全然理解出来る話ではないかと。

そもそもマジックってそういうもんだしね。

マジックで犯罪をするクライムサスペンスではあるけれど、完全に義賊的な扱いなので、そこらへんもお子さんの情操教育にはいいんじゃないかな。

ひょっとしたら将来マジシャンになる!とか言い出すかもしれないけど。


メインレビュー

ネタバレありの関東と解説を読む

一人で見るのはちょっと寂しいかもね……

近道 通
近道 通
メインレビュアー
オールジャンル担当/最高評価

ポイントレビューでは家族で仲良く見るのにオススメみたいな話をしたけど、カップルで見るのも全然アリな映画です。

「話のここがわかんなかった!」「何でそんな事もわかんないの!」ってケンカになるような話じゃない。

VODなんで家で見ることになりますから、かなり関係が深まったカップルってことになりますが、ありがちじゃないですか、お互い慣れてくるとこういう下らないケンカって。

しかも安心と安全のモーガン・フリーマンブランドですからね。主演ではありませんが、彼が出ている、ただそれだけでまず間違いありません。

普段の会話が少なくなってしまったカップルでも、「ほら、『ショーシャンクの空に』出てた人だよ」って言うだけで話題が一つ出来ることでしょう。

ストーリー的にも飽きが来ない作りになっている上に、ちょっとした会話をしながら見てもほとんど問題にならないシンプルな展開なので、コミュニケーションの契機として、この作品を利用しない手はないですね。

一通りデートをし尽くした時とか倦怠期を迎えそうな時とか特にいいんじゃないかな。

なーんて、大きなお世話な話ばかりしているけど、その理由は至ってカンタン。なぜなら私はこの作品をたった一人で見ていたから……

そして、それがとてもとてもとても寂しかったから。

一人で見ていても存分に楽しめる映画ではあるんだけど、なんかこう誰かと共有したいっていう感じのエンターテイメント性なんですよね。これは。

ラストも意外性があってなかなかのものだし、途中のイリュージョンも新鮮味がある工夫が凝らされているしで、これを一人で見るのはもったいなかったなぁって。

とはいっても、もうオッサンだし、オッサンの友達呼んで見てもねぇっていう……

なんだか、愚痴なのかレビューなのかわけがわからない感じになってしまいましたが、シンプルで分かりやすく、かつ面白いサスペンスです。

つーか、これサスペンスでいいのかな?こういう映画のジャンルってなんて言うんでしょうかねぇ……

本作の名台詞

今夜は我々にしかできない出し物を披露します

出典:グランド・イリュージョン/VOD版

役名:メリット・マッキン
演:ウディ・ハレルソン