邦画『僕だけがいない街』/原作未見の方にとっては言われてる程には悪くないんじゃ……

スコア:505/999

僕だけがいない街出典:ワーナーブラザース
『僕だけがいない街』


【あらすじ】

29歳フリーターの悟は、自然と過去に戻ってしまうリバイバルという能力を持っていた。少年時代に起きた少女誘拐殺人事件、そして、現代で起きた自分の母の殺害事件、二つの事件が重なり彼の能力が再び発動する。


【作品情報】

公開:2016年3月19日(日本)/上映時間:120分/ジャンル:SF/サブジャンル:タイムリープ/映倫区分:全年齢/製作国:日本/言語:日本語


【スタッフ】

(監督)平川雄一朗/(脚本)後藤法子/(音楽)林ゆうき/(主題歌) 栞菜智世「Hear 〜信じあえた証〜」/(原作)三部けい「僕だけがいない街」


【キャスト】

藤原竜也/有村架純/石田ゆり子/及川光博/ 林遣都/杉本哲太


スポンサーリンク

見放題配信

NETFILIXHulu

※情報は【2019年08月25日】現在のものです。上記のボタンをクリックすると各VODの作品ページにジャンプすることが出来ます。詳しくはこちらのページをご確認ください。

ポイントレビュー


■アニメ版のファンとしてはねぇ……

猿渡 りん子
猿渡 りん子
SF担当
ポイント:99/333|評価:BAD

原作アニメの実写化作品です。う~ん。アニメ実写化作品の中ではかなりマシな部類だとは思います。

そうは思いますが、やはりアニメ版のファンとしては納得できない展開が多かったような……

配役は良かったと思うんです。ストーリーもアニメ版を見たことがない人なら楽しめたのかなと思います。藤原竜也も有村架純も良かった。

でもねぇ。アニメ版のファンとしてはでもねぇって感じです。


■割と悪くなかったじゃないの?

試分 書人
試文 書人
サスペンス担当
ポイント:198/333|評価:GOOD

日本のタイムリープものにしてはそんなに悪くなかったかな?

邦画のタイムリープものってイマイチな印象を持ってるから、そもそも見なくていいんじゃないって思ってるぐらいだったし。でも、これは見られた。ちょっと良かったって言ってもいいぐらい。

有村架純カワイイとかじゃなくて、普通にお話として成立してたんじゃないかなぁ。

原作アニメ版を未見だから、そっちのファンの方には何とも言えないけど、まぁまぁイイ。

ただ、話が少々ややこしいので、今だにサッカーのオフサイドの意味を聞いてくるお袋さんタイプには向かない話ではありましたな。


■原作知らないならアリじゃないですか?

アクセル神田
アクセル神田
ドラマ担当
ポイント:208/333|評価:GOOD

アニメ版ファンの酷評を予め聞いていたので、どんなもんかと見てみましたが、そんなに言うほどヒドイですかねという感想です。

アニメ版は、アニメレビューブログなどで、必ずと言って良いほど視聴候補として挙げれられる名作ということで、きっとファンの方には色々な思い入れがあるんでしょう。私はアニメ版を見ていない人間なので、このような評価ポイントになりましたが、そうしたファンの皆様の評価にも一理あるんだと思います。

なので、もうアニメを映画で実写化するのはそろそろ控えて見たら?とは感じます。中には良い実写版もありますが、ホントにハードル上がるだけですから……

フィクションは圧倒的に先行有利に出来ています。


メインレビュー

ネタバレありの感想と解説を読む

俺的にはそれなりのタイムリープ系映画だと思ったけどなぁ

試分 書人
試文 書人
メインレビュアー
サスペンス担当/最高評価

原作アニメ版を見ていない私がレビューするのもアレなんだけど、こっちだけを見るならそんなに酷くないお話。

特に映画や連続ドラマやアニメをあんまり見ない方であれば、SFサスペンスモノ、タイムリープモノとしては馴染み易い部類に入ると言っても良いぐらいじゃないかな。

小説にしてもアニメにしても、こういう原作アリの実写映画は評価が凄く難しいんだよね。

全く改変せずに実写化する作品もあれば、ほとんど別物になっている作品もあったりして……

とあるアニメ版のファン(当サイトの猿渡りん子)に言わせると、この映画の場合は、前半はまだ良かったけど、後半部分は滅茶苦茶に悪改変だったという評価のようだけど、俺は別にこの終わり方でも良かったんじゃないの?って思った。

難点としては、映画マニアなら配役で犯人がほとんど分かっちゃう感じがするぐらい。

役者陣も粒ぞろいだし、そこまで批判的になるような作品かなぁって。藤原竜也、有村架純はもちろんのこと、地味な所では白鳥潤役の林遣都とか非常に雰囲気が良かったもん。

出演シーンこそ少なかったけど、そりゃ『おっさんずラブ』で準主役に抜擢されますわという感じで……私の少年時代にも実際ああいう兄ちゃん結構いたからね。子供と遊んでくれる気のイイ感じの。サッカーとか付き合ってくれて。

ネット上では批判的な意見が非常に多いので、大々的には褒めにくいところがあるんだけど、原作を知らなければマジでホントに悪くない。

ほんのり難解なSF入門邦画としてはかなりの作品なんじゃないかなぁ?

良作とまではいかないものの、「SFって苦手だったけど、これは思ったより分かりやすかった」っていう人が出てきても全然おかしくない。

オススメの世代としてはそうっすね。50代以上とかからが結構見やすいと思う。最近の作品はようわからんって人でも理解できる作品って感じ。

うん、もちろん、たぶんだけどね。うん、たぶん。理解できなかったらすんません。

本作の名台詞

きっと上手くいくよ……言葉って、口に出してる言っている内に本当にそうなる気がする

出典:僕だけがいない街/VOD版

役名:藤沼悟
演:藤原竜也