邦画『イニシエーション・ラブ』/トキメキとオドロキのラブストーリー

スコア:705/999

イニシエーション・ラブ出典:東宝
『イニシエーション・ラブ』


【あらすじ】

ある所に恋愛関係にある男女がいた。最初は疑いようのない愛を信じ続ける二人だったが、自らが置かれている状態と状況の変化により、それぞれの気持ちに変化が表れ始める。その時二人が迎える予想外の結末とは?


【作品情報】

公開:2015年5月23日(日本)/上映時間:110分/ジャンル:ラブストーリー/サブジャンル:ラブサスペンス/映倫区分:全年齢/製作国:日本/言語:日本語


【スタッフ】

(監督)堤幸彦/(脚本)井上テテ/(音楽) Gabriele Roberto/(原作)乾くるみ『イニシエーション・ラブ』


【キャスト】

松田翔太/ 亜蘭澄司/前田敦子/木村文乃


スポンサーリンク

見放題配信

NETFILIXHulu

※情報は【2019年07月15日】現在のものです。上記のボタンをクリックすると各VODの作品ページにジャンプすることが出来ます。詳しくはこちらのページをご確認ください。

ポイントレビュー


■再生ボタンを押す価値アリ

橘 律
橘 律
ラブストーリー担当
ポイント:225/333|評価:GOOD

これをラブストーリーと言ってしまっていいのかなぁって思います。

ジャンルとしては合っていると思うんですけど、本当の意図はねぇ……という印象です。

ただ、物語としてはすんごくよかった。見て損はない映画だと思います。

もしこの映画を知らない人がいたら、「試しに見てみれば」って言ってあげたいぐらいオススメの作品です。

まったりした気分で見てたら急に驚かされたみたいな(笑)

ラブ映画ラブな映画ファンとしては手放しには褒めにくい映画ですけど、お手持ちのVODの再生ボタンをポチっと押すぐらいには、価値がある良作です。


■パートナーと一緒にとりま見てみよう!に最適な逸品

アクセル神田
アクセル神田
ドラマ担当
ポイント:250/333|評価:GOOD

いやいやいや、良かったですね。別にストーリー的にもそこまでって話じゃないんですけど、私は好きでした。

ラストに向けての中だるみ部分を抜きにすれば、素直に面白いと言える恋愛ドラマでした。

その中だるみを作ることが、映画作りとして良いのか悪いのかは分からないんですけど(中だるませるんじゃなくて、その伏線部分も面白くしてみるとか)、私としては全部必要な中だるみだったんだという感想です。

この映画を見て、そんなにつまらなかったって人は少ないんじゃないでしょうかね?

大好きな作品とまでは言わないけど、VODを見る時に、彼女や嫁に「そんなに恋愛映画が見たいなら、取り敢えずこれ見とく?」な時には最高にマッチする作品だと思います。

いや、下手したらケンカになるか……(笑)


■アタイは本当は辛口じゃないのかも

試分 書人
試文 書人
サスペンス担当
ポイント:230/333|評価:GOOD

俺は辛口を自称しているので、率直に申し上げたい。

邦画も捨てたもんじゃないなって。

言いたいことはそれだけ。でも、かと言って名作だって言ってるわけじゃないよ。ただ駄作では絶対にない。タルいところもいっぽいあるラブストーリーだけど、良作以上、名作未満って感じかな。友達以上恋人未満と一緒でさ。

なんか何を言ってんのかわかんない、変なキャラになりつつあるけど、本作についてはそこら辺へのご理解はよろしくお願い致します。こんなにも未視聴者向けのレビューがしにくい話ってあったんだね……青春だね。


メインレビュー

ネタバレありの感想と解説を読む

ラブストーリーがダメな男性にオススメ

アクセル神田
アクセル神田
メインレビュアー
ドラマ担当/最高評価

小説の中でしか誤魔化せない仕掛けと、映画や連続ドラマでしか誤魔化せない仕掛けってあると思うんですけど、良くここまで完璧にまとめたなぁと……別にマジで話そのものは大したもんじゃないんです。ただのありがちな男女の出来事ですから。

原作も読みましたが、良くここまでまとめたなと思います。

確か予告は「映像化不可能な原作を……」(注:おそらくニュアンスは多少違います)みたいな触れ込みだったんですけど、こんなにも嘘偽りない広告文は今まで見た事がありません。

言ってしまえば、途中までは50代ぐらいの人が見たら、流れてる曲がなつかしいなーぐらいなラブストーリーだし。

でも、その曲がまたいい味出してるんですよね。

ラブストーリーとしてもサスペンスとしても邦画としては最高に近い娯楽作品なんじゃないでしょうか?

そして、松田翔太はもちろんのこと、前田敦子……この作品では良かったですよ。『映画 闇金ウシジマくん』の時の大島優子ぐらいちゃんと持ち味を生かしていました。

こういう偉そうなことを言うと、ファンの方からは怒られてしまうのかもしれないですけど、演技力云々は抜きにしてこの人だから出来た役というものがあると思うんです。

前田敦子は文句なしにピッタリだったと思います。

自分はラブストーリーはあんまりって人間なんですけど、この恋愛映画ならもう一度見てもいいなと思いました。

それなりにダラダラしてる場面もあるし、全てが完璧ではないんですけど、なんかオチもついてていいなって……

もしもラブモノで好きな作品あげろって言われたら、たぶんこの映画をあげる確率は高いと思います。

いやはや、まさかラブストーリーのメインレビュアーになるとは思いもよりませんでした(笑)

愛って大事ですよね。この映画はそういう話ではないですけど。

本作の名台詞

もう~タックンたらぁ

出典:イニシエーション・ラブ/VOD版

役名:成岡繭子
演:前田敦子